TOP > 採用情報 > 社員を知る > 先輩社員インタビュー③

staff03

社員を知る

先輩社員インタビュー③

グローバル人材の育成に共感。
「言葉の壁」も心配ないです。

営業第3部門 営業12部2課

ファムティトウホンPham Thi Thu Hong

入社年
2012年 東京本社勤務
ファムティトウホン
Q.現在の仕事内容は?
A.OEMビジネスの生産マネジメントを行っています。

私が所属する製品部署はOEMがメインです。私は営業サポートとして、生産マネジメント業務を行っています。具体的には、営業の方が取引先で決めた内容にもとづき、サンプルや量産の資材(附属・生地など)を手配しています。

日々の業務では、海外の自社工場(中国・ベトナム)や国内外の協力工場とメールや電話でやりとりをしています。内容としては、お客様からの縫製指示や仕様書の細かな確認など多岐にわたります。相手は海外のナショナルスタッフですので、密にコミュニケーションをとりながら、正確かつスピーディーな対応ができるように心がけています。

ファムティトウホン 仕事風景
Q.三景を選んだ理由は?
A.国籍を問わず採用し、人材育成に力を入れている会社だったから。

私はベトナムの出身で、第二外国語を習得するため日本に留学しました。日本語学校から大学に入り、このまま日本の企業で働いてみたい、日本と海外との架け橋となるような仕事をしたい、という気持ちが強くなっていきました。
三景を選ぶ決め手となったのは、会社説明会でグローバル人材の育成と活用に力を入れていたこと。特に、人材育成に注力している点に興味をひかれました。また、会社が明るくよい環境だという点も魅力でした。

中国やアジアにも拠点を持っている会社ですので、今後チャンスがあれば海外拠点でもチャレンジし、グローバルに活躍できる人間を目指していきたいですね。

Q.印象に残っている先輩の言葉は?
A.自分のやり方でベストを尽くせばいい。

学生時代に日本語を学んでいても、それがビジネスの現場で活用できるのか。入社当初は、こうした「言葉の壁」が不安で、電話に出るのも躊躇していました。

また仕事のやり方もわからず、最初はとにかく先輩の真似をしながら進めることで精いっぱい。

そんな私に、教育係として付いてくださった先輩が「ファムさんのやり方でベストを尽くせば、それで大丈夫だよ」とおっしゃってくれました。

仕事のやり方には一人ひとり、それぞれ適した方法があると思います。先輩のアドバイスをもとに自分のやり方を探した方が仕事も楽しくできますし、仕事の覚えも早くなります。先輩からいただいたその一言が、メンタル的にも楽になり、いつしか言葉の壁に対する不安も消えました。

ファムティトウホン 仕事風景
Q.三景を目指している方にメッセージを。
A.毎日が違う仕事で充実感にあふれています!

三景は、外国籍の方を積極的に採用している会社です。私のように、「言葉の壁」を心配されている方でも、自分で目標を立て一歩一歩前進していくことで解消されますので、安心してください。それに、周りには先輩や同じ国の仲間もいますから、より安心できる環境です。ちなみに私の同期には、中国やベトナム、韓国の方もいて、みんな和気あいあいと仕事をしています。また、ファッショントレンドや貿易知識など、仕事の変化があることも三景のいいところだと思います。同じ仕事がないので毎日自分でスケジュールを立てて、やりきったときの充実感は最高です!


マイナビ2020ent.png

このページの先頭へ